『少しの違和感』

いつまでも若く見られたい!アンディルともデス。

 

独身である私にとっての憧れのフレーズのひとつに『奥さん』があります。

それは、私が本当に結婚した時にこそ喜びが発揮されるというもの。

 

なのに、最近初対面の方に『奥さん』と呼ばれる事の多い事!

 

 

なぜでしょう…心の片隅にいつも小さな『違和感』が残るのです。

『オシャレが何倍にも楽しくなるボディージュエリー☆』

梅雨が明ければ夏本番!ノースリーブや水着など、肌の露出も増えてきますよね。

そんな時、周りに差をつけたいならボディージュエリーはいかがでしょう♪

ボディージュエリーとは肌にやさしいグルー(接着のり)とグリッターを用いて直接肌にデザインするものなんですが、キラキラ輝くボディージュエリーは日常のオシャレをよりセクシーにしてくれますよ!

 

 

そしてブライダルやダンスの発表、浴衣に成人式、ライブフェスや、コンサートなど様々なシーンで楽しめます。

 

 

ぜひとも、このワクワクを体験して頂きたいです☆

 

Screenshot_2014-06-12-17-26-14

2014-03-31-19-42-02_deco

Screenshot_2014-06-12-17-21-59Screenshot_2014-06-12-17-20-5413762939650682014-06-03-14-43-34_deco

 

『新参者』

あっ!こんにちは、今の場所に来てまだ間もない新参者のアンディルともデス。

 

ご近所の方とは少しでも親しくなり、早く地域に溶け込みたいと、いつも思っています。

声のトーン、表情に気を配りつつあいさつを交わし一言二言、世間話を織り混ぜながらお互い少しずつ顔馴染みになってきた頃、2つの嬉しい出来事がありました。

 

サロンにグリーンカーテンをしようと「ふうせんかづら」を植えたんですが、それをご覧

になったご近所の方がその種を分けて欲しいとおっしゃるのです。

 

そしてもうひとつは、お隣さんからお寿司のお裾分けを頂いたのです。

 

この両出来事はともに、少しずつ受け入れられていると感じられ嬉しくなりました。

 

分け合える喜び、また、

「あの子にもあげよう!」と思って下さった心遣いに、胸の奥に明るさを感じるのでした。

 

20140610_13073520140608_183325

 

 

『なぜ?いつどのタイミングでそうなった?』

あっ!こんにちは、アンディルともデス。

正確には『ともみ』です。周りからは、「ともちゃん」や「ともさん」と呼ばれる事が多いのですが、時に「ともこさん」や「ともえさん」と一文字惜しい感じで呼ばれる事もあります。

 

 

まぁまぁ、これはよくありがちな事なんで大抵は流したりなんかしています。

 

ですが、ある日ある方が私を『ヒロコさん』と呼ぶのです。始めは聞き間違えかと思いスルー。しかしながら話の端々に『ヒロコさん』を連発。話の腰を折るようで、なかなか言い出すきっかけを掴めず、また会った時に!と心に誓い、早5年。幾度となくチャンスはあったはずなのですが、完全にタイミングを見失ったパターンです。

 

もはや、彼女の中での私は『ヒロコさん』なのです。とても、今更言い出す事など出来ません。

20140412_091145

『頼れる岡崎のおいちゃん』

あっ!こんにちは、何の段差も無い場所でつまずくアンディルともデス。

 

そんな足腰弱った自分の為じゃないですよ?!

何人にも優しくありたい!

そのひとつがトイレの手すり。

 

友人の父である、岡崎のおいちゃんに手すりや、引き戸の取っ手なんかを付けてもらいましたよ。

20140412_091145カメラ目線のおいちゃん☆

 

 

スーツより作業着が似合う男性がスキ(笑)

 

20140428_10535820140428_122626

 

おいちゃんの手に掛かればちょちょいのチョイなのです。

 

20140601_14164420140603_12263620140604_153214

しつこい位にお花だらけのトイレが岡崎のおいちゃんのお陰でより安全になりました。これで私も、ぐにゃっと捻挫し転倒する事も防げるでしょう!

 

あっ!やっぱ自分がコケたんじゃん?!

 

 

『物語る』

 

 

何気なく、たまたま手にしたのか、それとも家にあるものの中で多少なりとも綺麗なものを選らんでくれたのか

 

いや、きっと意味なんてない。

そしてそれが化粧品ブランドの紙袋である事もおそらく彼は知らない。