『こだわるべきは美容液より○○だった!』

前回のおはなしの続き。

 

どういったもので、洗顔すれば良いか?

 

の前に少しだけ「クレンジング」について!

なぜなら、クレンジングと洗顔では肌に負担が強いのは圧倒的にクレンジングだからです。大事なのは洗うだけでは無いという事ですね。

 

☆油汚れは油で落とす

☆クレンジングは弱め、洗顔をしっかり!が基本です。

 

 

 

まず、クレンジングの刺激の強いものから紹介しましょう。

●シートタイプ

●リキッド、オイルタイプ

         ↓

●ジェルタイプ

●クリームタイプ

●ミルクタイプ

の順です。メーカーによる違いはありますが、水と油を馴染ませる界面活性剤を含むものが、ほとんどです。肌に負担のかかる界面活性剤はなるべく避けたいですよね。

 

 

 

そこで私がオススメしたいのは、界面活性剤を使わない安心安全の『無水コールドクリーム』です。

 

 

 

100%油分で洗い流せないからこそ、皮脂を奪い過ぎる事なく、乾燥予防になるからです。

 

 

 

皆さんは、どんなもので、どのようにしてクレンジングなさっているでしょうか。

 

★★クレンジングのこれが間違い!!★★

●クリームの量が少ない

●クレンジングついでにゴシゴシマッサージ

●しっかり落とそうと時間をかけてはダメ。1分以内に終わらせましょう。

 

 

 

無水コールドクリームは界面活性剤が入っていないので、もちろん洗い流せないので、メイクなどの油汚れを浮かせたなら、濡れたコットンで軽く拭き取り、蒸しタオルで顔全体を温め血行促進を促した後に残りを拭き取ればOKです。

この後に洗顔ですね。

 

 

 

ただ1つクレンジングを、変えるだけでも肌への負担は減らせます。

 

次回こそ、洗顔のおはなし。